パテックフィリップの商品を確認【欲しい物をゲット】

半永久的に使える時計とは

有名な永久修理宣言

腕時計

パテックフィリップは世界で最もステータス性の高い時計です。
高級時計マニアにとってパテックフィリップはコレクションになくてはならない物の一つとなっています。
パテックフィリップは一様にシンプルな外観が特徴です。
そのためゴールドやプラチナを使っても決して派手にはならないのです。
その控えめな美しさに惹かれる人も多いのです。
パテックフィリップは、どのような古い型のものでも修理することができる永久修理宣言をしています。
そのため親子代々受け継がれる時計としても人気となっています。
通常2年間の保証期間内は修理費用は無料で、これを過ぎると有料になります。
一般的に時計メーカーでは、一定期間が過ぎると部品の製造を中止してしまいます。
保管してある部品の在庫がなくなってしまえば修理は不可能です。
しかしパテックフィリップは新たに部品を製造して修理を行います。
これがほかの時計メーカーと根本的に違う点です。
時計の精密さも優れているため滅多に故障をしませんが、落としたり水にぬらして故障することもあります。
そのような場合でもパテックフィリップなら修理で必ず元の正常な状態に戻るので安心です。
定期的に時計内部の掃除や点検をすることも故障を防ぐには大切です。
修理は日本の代理店や百貨店や時計店などの正規販売店などで行っています。
複雑な故障の場合はスイスの本社送りになるケースもたまにあります。
その場合修理期間は通常より少し長めになります。

場面と使用用途を考える

男性

パテックフィリップは、世界の3大時計メーカーとして多く時計愛好家を魅了しているスイスにある高級腕時計メーカーです。
その製品には1億円を超えるような時計もあり、身に付けているだけでひとつのステータスとなり得るアイテムです。
このように、値段のこともあるのでパテックフィリップの購入の際は、慎重にモデルを選んでいきたいものです。
初めて高級腕時計を購入しようと考えているなら、あまり派手さを追求しておらず、シンプルなものが最適だと考えられます。
この指標としては、葬式の際に身に着けていけるかという基準で腕時計を選んでいけばいいでしょう。
葬式に着けていける時計なら、ビジネスの場面でも主張をしすぎずに身に着けていても嫌味にならないでしょう。
それに、カジュアルな服装のときにも時計だけが浮いてしまうようなこともないでしょう。
また、外でスポーツやアウトドアを楽しむという方は、汗や雨、水がかかるような場面も想定できるので防水機能のしっかりした時計を選ぶとトラブルが少なくなるはずです。
では、パテックフィリップにはどのような腕時計があるのかというと、数あるモデルの中で日本において人気が高いのは、ノーチラスとアクアノートです。
パテックフィリップは高級腕時計なので、この2つのモデルもかなり高額になりますが、時計愛好家や収入のある方は愛用されている方も多くいます。
ノーチラスは、高級で時計初のステンレスを素材に採用した時計であり、実用性に優れています。
また、着け心地が良いのも特徴であり、ビジネスからプライベートまでさまざまな場面で活躍してくれる時計です。
アクアノートはよりスポーティなモデルで防水機能を有し、ねじ込み式のリューズが使われているので、耐久性の高い腕時計です。

高いステイタス性

ウォッチ

パテックフィリップの腕時計は、性能が良い上に、素材とデザインも優れていることから注目されています。
時刻を音で示す機能や、自動で年月日や月の満ち欠けが表示される機能がついています。
そして素材にはプラチナなどの高価な金属が使われていますし、しかもそれが鍛造されています。
何度も叩くことで結晶の配列を整え、強度を高めてあるのです。
プラチナだけでなくゴールドや、レディースの場合は華やかなピンクゴールドが使われていることもあります。
さらには文字盤やケースに、数十粒ものダイヤモンドが埋め込まれているというモデルもあるのです。
またデザインは、モデルにもよりますが基本的にはシンプルです。
だからこそ、素材の品質の良さや輝きが目立っているのです。
特に潜水艦の窓をヒントとした、柔らかなカーブを描く八角形のケースデザインには人気があります。
近未来的な魅力がある上にエレガントということで、これはパテックフィリップのデザインの代表とされています。
このようにパテックフィリップの腕時計は、様々な点において他のメーカーの腕時計を凌駕しているのです。
その分価格は高く、モデルによっては日本で戸建て住宅を1軒購入できるほど高額となっています。
そのため購入者は、王族や成功している芸能人、一流企業の役員といったセレブリティに限定されがちです。
そして、その事実が、パテックフィリップのステイタス性や知名度を一層高めていると言えます。