介護という仕事|求人に応募する際のポイント

ウーマン

若い世代ならではの履歴書

書類

20代から30前半の若手の皆様で、これから就業や転職をしたいと思っている方は、履歴書の書き方やフォーマットについてよく知らない人もいるのではないでしょうか。履歴書は面接にこぎつけるための大切な入り口です。ここで振り落とされることがないようにはどうすればよいでしょうか。比較的年齢の若い方は、年上の方に比べて経験年数や今までやってきた仕事の種類などが少ないので、経験などで戦力が判断されるベテラン勢とはことなる方法が必要です。それは一体どういうものでしょうか。
まず、当たり前と思うかもしれませんが、自分の熱意や興味などを履歴書で細かく伝えることが重要です。経歴が浅いからあまり内容がかけないと思うのは間違いで、今まで任されてきたことや、場合によっては自分が得意な分野などを詳しく説明することで、会社の人事は熱意を組みとって面接をしてみたいと思うかもしれません。特に責任感や誠実さがあることをしっかりとアピールしましょう。それでも書ききれないという方は、社会人経験が少ない人向けのフォーマットなどもあるので、それをダウンロードしたり参考にしたりしましょう。どうしてもスペースが空いてしまう場合、熱意が足りないと思われる可能性がありますので、自分が書ききれそうなフォーマットの履歴書を利用しましょう。業務未経験向けや、社会人2~3年向けのものまで数多くあります。自分にあった履歴書をみつけたら、まずはパソコンなどフォーマットをたくさん探して何度も推敲し、手書きが必要ならばそれから着手していきましょう。